丸首のニットを使ったビジカジスタイルのコツとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、こんにちは
経営者のためのスタイリスト大山 旬です。

ビジネスの場面での「服装のカジュアル化」は年々加速しています。これはクールビズの影響がもっとも大きいのですが、今後もますます旧来のスーツスタイルから、ややカジュアル感のある「ビジネスカジュアル」へと着こなしへと簡略化が進んでいくだろうな〜と感じています。


実際、スーツの売上というのは年々下降の一途をたどっています。金融関連などの本当に堅い業界では夏でもスーツにネクタイを締めているところもありますが、今ではどの職場でもクールビズが当たり前になっていますし、全体的に服装がカジュアルになってきています。

ましてやこちらの記事を読んでいただいている中小企業の社長さんの場合、「スーツじゃなきゃ絶対にNG」という場面はますます少なくなっているはずです。

実際、僕がスタイリングを担当させていただいている社長さんも、スーツのコーディネートをお願いする人は少数派です。それよりもネクタイを外した「ビジネスカジュアル」をご要望される方の方が圧倒的に多いです。

ビジネスウェアのカジュアル化が進む中で、実際のところ「ビジネスカジュアル」を素敵に着こなせている人はまだまだごく少数です。ビジカジスタイルはスーツよりもルールが少ない分、どうしても難しさを感じてしまうからです。

そんな中で今回ご紹介するコーディネートは、ジャケット×丸首ニットという組み合わせです。

首元にシャツの襟がないだけでも、大分カジュアルな印象になります。上の写真はカウンセラーとしてご活躍されている方です。あまりビジネスライクになりすぎてしまうとクライアントの方が緊張してしまうため、あえてリラックス感のある首元を演出しています。

今回は胸元にチーフを挿していますが、実はこれも重要なポイントです。シャツを使っていないのでコーディネートがカジュアルになりすぎてしまうのを防ぐために、あえて華やかさを取り入れることが目的です。

チーフというのは誰もが気軽に使えるようなアイテムではないため、これを使いこなせるようになると「特別感」や「こなれ感」が簡単に出せるようになります。ぜひみなさんにも積極的に取り入れてみることをお薦めします。

ジャケットとインナーの雰囲気を合わせる

ちなみに、こういった際に用いるジャケットというのは「少しラフなもの」がおすすめです。上の写真でも裏地の付いていない、ストレッチの効いた少しカジュアルなジャケットを合わせています。これがスーツに使いようなカチッとしたジャケットだと、インナーとまったく雰囲気が合わないからです。

ジャケットとインナーでテイストを揃える。これは大切なポイントなのでぜひ覚えておいてください。

中に着るインナーは夏場は無地のTシャツでもいいですね。春や秋でしたら上の写真のように丸首のニットを取り入れて体温調整をすると良いでしょう。そんなに難しい着こなしではないので、ぜひみなさんにもトライしてみて頂きたいと思っています。

プロに任せれば、明日からすぐにおしゃれになれます

「なかなか自分で服を選ぶ時間がない」「最短距離でおしゃれを磨きたい」「服選びはプロに任せたい」そんな方には、当社の専属スタイリスト契約をお薦めします。スタイリスト大山 旬があなたと一緒にショッピング。短期間でセンスのいいファッションを実現します。詳しくはこちらからどうぞ。
↓↓↓
≫≫中小企業の経営者のための専属スタイリストサービス

SNSでもご購読できます。