累計10万部の著書を持つスタイリストが教える「センス」がなくてもすぐにおしゃれになる方法。仕事もプライベートも最速で「モテる社長」になる秘密とは?

PROBLEMS
日々のファッションにこんな悩みはありませんか?

  • ビジネスでのブランディングに力を入れたい
  • 講演やセミナーなどで人前に立つことが増えてきた
  • メディアに出演することが増えてきた
  • 今の立場にふさわしいファッションに変わりたい
  • 信頼される見た目に変わりたい
  • 自分のセンスに自信がない
  • 服選びは奥さんや店員さんに任せっぱなし
  • いつまでも魅力的な経営者でありたい
1つでも当てはまる方は日々の
ファッションを見直してみてください

PURPOSE
優秀な経営者がファッションに気を配る理由とは?

近年、ファッションに気を配る経営者が増えています。 どんなに商品やサービスが魅力的でも、経営者の見た目が野暮ったければ、その魅力が上手く伝わらないからです。

だからこそ経営者はファッションを単なる趣味ではなく、ビジネスの一部として捉えています。
  • 他社との差別化に
    パーソナルブランディングは不可欠

  • 他社との差別化に
    パーソナルブランディングは不可欠

    企業経営者、またはコンサルタントや弁護士など、人前に立つ機会の多い方こそ、ファッションにおけるブランディングは不可欠です。

    多くの選択肢の中から「選んでもらう存在」になるためには、明確な差別化が必要です。まずはパッと見の第一印象から信頼を得ることが大切です。
  • 最短距離で
    「センスの良い経営者」になる方法とは?

  • 最短距離で
    「センスの良い経営者」になる方法とは?

    奥さんや店員さんに服選びを任せっぱなしの人は非常に多いです。
    では仕事や家庭に忙しい経営者の方は、どのようにファッションを管理しているのでしょうか?

    実は彼らは「信頼できるプロ」を味方に付けています。
    税理士、弁護士、パーソナルトレーナーなど、苦手分野をプロに任せるように、優れたビジネスマンはファッションのプロを上手く活用しているのです。
E-Bookの
プレゼントはこちらから

人以上の経営者のブランディングを
手掛けたファッションのプロ

はじめまして、スタイリストの大山 旬です。
私はこれまで300名以上の経営者の方々に、ファッションを用いたブランディングを提供してきました。
今では書籍やセミナーなどを通して、正しい服選びの方法をお伝えしています。
上場企業の経営者から弁護士・医師の方まで、ブランディングを見据えたファッション提案を得意としています。スーツスタイルからビジネスカジュアル・私服・スポーツウェアまで幅広くご提案しています。

MERIT
ファッションを磨く
3
つのメリットとは?

  • パーソナルブランディング
    が出来る

    ファッションを磨くことで、「初対面での第一印象」を高めることができます。その結果、他社との明確な差別化ができたり、メディア出演が増える方もいます。ビジネスシーンにおける立ち位置が明確になります。
  • 時間が節約できる

    ファッションを磨くことで、あなたの言葉がまっすぐ伝わるようになります。人は「何を話すのか」よりも、「誰が話すのか」に大きな影響を受けます。イマイチな服装の社長が話すのと、センスの良い社長が話すのとでは、後者の方が圧倒的に説得力が増します。その結果、言葉での説得に掛けていた余計な時間が短縮ができ、貴重な時間を有効に使うことができます。
  • セルフイメージが向上する

    ファッションが変わることでセルフイメージが向上します。周囲から褒められる機会が増え、自分のファッションに自信が持てるようになります。セルフイメージが向上することで、立ち振舞いが変わり、姿勢が変わり、パワフルなイメージを得ることができるようになります。

CHANGE
おしゃれに変わった方たちをご紹介します

VOICE

ファッションを改善された方のご感想をまとめてみました。
鈴木様
30代 / 福島県
実は私には「専属スタイリスト」がいます。ちょっと前までは、ファッションにスタイリストをつけるなんて【芸能人か!?】なんて思ってましたが…それが間違ってました。ヘアスタイルもそうですが、服選びにもプロの「知識や技術」が必要なのです。
  
芸能人みたいに華がない人こそ、容姿や体型をカバーしたり、「相手にどう見られるか?」を考えなくちゃいけないからです。ビジネスマンなら、外見で見込み客に「どういう印象を持たれるか?」はとても重要なポイントです。つまり、ファッション1つでも売上や利益を増やすことも可能なのです。
  
さらに言うと、服選びを外注化することで、経営者の時間も有効に活用できます。ちなみに、ショップ店員は「販売員」ですからコーディネートのプロではないです。余計なものまで買わされますし(笑)その点、思い切って服選びのプロに任せてしまう方がもっとも効率的で、最大の効果が見込めるということを実感しています。
駒崎様
30代 / 東京都
実は数年前に、お世話になっている経営ストラテジストの坂之上洋子さんから、「駒崎くんはさ、テレビとか出る人なのにさ、あまりにも服装とかイマイチなんだよね。なんていうか、田舎のホストみたいなんだよね」というショッキングでありつつ、本質を突いたコメントを頂いたことがあります。
  
その時は、「いや、僕、本当に服装とかってどうでも良いですし。政府が服を支給してくれるんだったら、喜んで着るタイプです」と開き直りました。が、確かに普段から服装とかどうでも良いと思っていると、取材やテレビ収録など、そういった機会に、つい「めんどくさいな」と思えてしまうんです。自信もないし、服のことを考えるのも面倒臭いし。
  
そもそも制服が義務の男子校だったんで、あんまり服について考えないで良かったし、女子もいないから制服をお洒落に着崩すことも必要なくて、自分で服を買ったのは大学に入ってからだったわけで、どう服を買って良いのか分からないのです。そこで紹介して頂いたのが、スタイリストの大山さん。大山さんは僕の買い物につき合ってくれ、一から服選びについて教えてくれたのですが、これがもう目から鱗。
  
服に気をつかうのは、なんだかチャラいし、面倒くさいし、お金掛かるし、良いことないじゃん、っていう僕の偏見が洗い流されました。大山さんが選んでくれた服は、チャラチャラしているわけでもなく、ことさら高いものでもなく、「ふつうにセンスがいいもの」だったのです。「サイズの合った、普通のものを、ちゃんと着る」ということを大切に考えているのですね。お陰でその後、服を買ったり着たり、テレビに出たりすることが苦痛ではなくなりました。
田中様
40代 / 山梨県
ファッションを変えてから僕の日々の生活に大きな変化が訪れました。ラジオに出演したり、各業界で活躍する友人が増えたり、食事に誘ってもらえる機会も増えました。元々フットワークは軽い方ではあったのですが、ファッションを変えてからの周囲の変化はめざましいものがあります。「ファッションには内面を変える強いパワーがある」それが僕が今一番感じていることです。人と会うのが楽しくなりますし、服を選ぶのも楽しく感じるようになりました。今まで苦痛だったファッションが楽しみに変わり、喜びに変わる。これは大きな変化だと思っています。
E-Bookの
プレゼントはこちらから

MESSAGE
スタイリストからメッセージ

「仕事でもプライベートでも ”モテる社長” を増やしたい」


これは僕がスタイリストとして活動をする上で目標としていることです。お仕事やご家庭に忙しい社長さんは、なかなか自分のファッションに時間を掛ける余裕はないはずです。そしてつい「イマイチなファッション」で過ごしていることが多いかと思います。

でもこのページを読むことで、社長の見た目がいかに大切かということをご理解いただけたかと思います。ファッションを磨くことで、仕事でも差別化ができて「選ばれる人」になります。また奥さんやお子さんからの評価も上がります。そして周囲の女性からの印象も良くなります。色々な場面で「モテる人」になれます。

「たかがファッション」が社長であるあなたの毎日を確実に豊かにしてくれるのです。僕は今まで500名以上の社長さんのファッション改善に携わりました。おしゃれに変わることでみなさん「人生の質が高まった」と喜んでくださっています。

ぜひあなたにもいままで適当に済ましてきたファッションを、存分に楽しんでいただきたいと思っています。そのための秘訣を今回は無料PDFにまとめました。ぜひこちらもご活用ください。

あなたが仕事でもプライベートでももっと「モテる存在」になりますように。心から応援しています!